外勤に行こう!

お疲れ様です、新入社員のKです。
ブログまで見てくださっている入社希望の皆さんでも、
アリアでの仕事についてピンとこない・イメージが湧かないと感じている方もいらっしゃると思います。
そこで今日は、アリアがどんな仕事をしているのかについてお話していこうと思います。

アリアは何の会社?

アリアのHPを見ても「アウトソーシング」だの「システム開発」だの、
馴染みのない単語が飛び交っていてよくわからない……
そんな業界未経験の方、ご安心ください。Kもです(笑)

アウトソーシング英語: outsourcing)あるいは外部委託(がいぶいたく)とは、従来は組織内部で行っていた、もしくは新規に必要なビジネスプロセスについて、それを独立した外部組織(子会社協力会社業務請負人材派遣会社など)に委託して、労働サービスとして購入する契約である[1]。”

“アウトソーシングを委託する側は自社の中心業務に集中し、それ以外の業務(外部活用をしたほうが効率的であったり、専門的であるものなど)を外部に委託アウトソーシングする”

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0

ウィキペディア情報ですが、こんな感じです。
要は「他の会社の代わりに専門的な仕事をする」のがアリアの事業で、
そのために社員はお客様先に送り出されて働く(外勤する)ということですね。

「専門的な仕事なんてできない!」と不安に思う必要はありません。
様々な仕事を集めてきてくれる営業さんが、あなたに合った仕事を見つけてきてくれますよ。

外勤するには?

この外勤ですが、入社すれば自動的に決まるものではなく、自分の手で勝ち取る必要があります。
相手先も信頼できる人に仕事を任せたいので、お客様先との面談(アリアでは商談と呼びます)という形で
自分をアピールし、好印象を与えましょう。
コミュニケーション能力や技術力、将来性や熱意など、
あなたのセールスポイントをしっかり押し出していけばきっとうまくいきます!

商談の様子については、以下の記事が参考になるかと思います。
ぜひご覧ください!

面接みたいな感じ?緊張するなあ……と感じる人もいると思いますが、心配ありません。
アリアは社員の商談成功を全力で応援します!

①身だしなみ

商談に臨む時に一番大事なのはやはり身だしなみ。
初対面の人の第一印象は2~6秒で決まるといいますが、
その印象の9割が身だしなみと表情で判断されるそうな。

アリアでは商談前にチェックシートを配り、身だしなみにおかしなところがないか客観的に判断できるように取り組んでいます。

②情報収集

「彼を知り己を知れば百戦危うからず」という孫氏の兵法の例に漏れず、商談を制する要因もまた事前の情報収集にあります。
どんな仕事を任されるのか、
自分はその仕事に役立つどんなスキルを持っているのか……
分かっていれば的確なアピールができ、
お客様先に好印象を与えることができますね。

アリアでは事前にスキルシートや案件に関するチェックリストを配布し、商談に臨む社員をサポートしています。

③続きは商談練習で!

先述のようなノウハウをより濃厚に、実践も交えて教えてくれるのが、
毎週開催される松本社長の商談練習!
業後に勉強会のような形で開催されていて、
毎回何人もの社員が参加しています。

理論的な部分を教わったらそれを実際にやってみます。
そしてうまくできたところやもっと成長できるところを、参加者のみんなと一緒にどんどんフィードバックしていきます。
商談練習が終わるころにはあなたの商談力も一皮むけ、商談への不安も解消されていると思いますよ。

前の記事

新入社員歓迎会

次の記事

研修!