関西出張:伊勢神宮編③

皆さん、こんにちは。

今回は猿田彦神社に参拝した時のことをご紹介します!

猿田彦神社は、猿田彦大神という神様を祀っています。

「みちひらき」の神社とも呼ばれ、各地から参拝者が訪れる有名な神社です。

「みちひらき」の由縁は『古事記』および『日本書紀』。

天孫降臨、すなわち天照大御神の孫にあたる邇邇藝命(ににぎのみこと)が高天原より天降った際、その道案内をしたという日本神話に基づいています。

もっと詳しく知りたい!という方は、サルタヒコノカミについて調べてみることもおすすめです。

こうした知識があることで、より参拝が趣深いものになりますね。

境内で御守をいただきました!

御守の種類も、交通安全や縁結び、安産、芸能など多様であり、色や形も豊富に取り揃えてられているため、迷ってしまいます。

きっと自分に合った御守が見つかるはず。

それでは今回はこのあたりで。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

関西出張:伊勢神宮編②

次の記事

関西出張:伊勢神宮編④