関西出張:伊勢神宮編④

皆さん、こんにちは。

今回は伊勢神宮参拝における「月読宮(月讀宮)」についてご紹介します。

月読宮は、横一列に鎮座する四つの別宮から成っており、
それぞれに御祭神が祀られています。

御祭神は、右から月読荒御魂宮②、月読宮①、伊佐奈岐宮③、伊佐奈弥宮④となっており、
参拝を行う際は、通常①から④の順にお参りします。

端から順に、というわけではないので注意が必要ですね。

別宮前の看板にも書いてあります。
これに従ってお参りしましょう。

ところで、「月読宮」と「月読荒御魂宮」の違いは何でしょうか?

これには「和御魂」と「荒御魂」の概念がかかわっています。

伊勢神宮の公式サイトには

荒御魂とは、神様の御魂のおだやかな働きを「和御魂」と申し上げるのに対して、
格別に顕著なご神威をあらわされる御魂の働きを「荒御魂」とたたえます。

https://www.isejingu.or.jp/about/outerbetsugu/#tsukiyomi

とあります。

「和御魂」と「荒御魂」とを分けて祀っているのですね。

同サイト内にも紹介がある、天照大御神の荒御魂が祀られている「荒祭宮」。

月読命同様、和御魂とは別に祀られているようです。

それでは今回はこのあたりで。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。