関西出張:真如堂

皆さん、こんにちは。
私は先日の関西出張の際、真如堂(真正極楽寺)に行ってきました!

突然ですが、皆さんは「寺」と「神社」の違いはご存じですか?

私もあまり詳しくはないのですが……
お寺は「仏教」、神社は「神道」の宗教施設です。
仏像があるのはお寺、鳥居があるのは神社ですね。

以前に伊勢神宮に参拝したり、各所の社を物見遊山したり……と、
出張中神社にはよく立ち寄っていた私ですが、
お寺にはほとんど来たことがありませんでした。

まず驚いたのは、建物の荘厳さです。

元々の規模が大きいお寺だから、というのもあるかもしれませんが、
これまで見てきた神社と比べても数段大きく、広く、豪奢なつくり。

感嘆しながら本堂へ向かってみると、
大涅槃図の特別公開を行っていました!

撮影禁止のため、迫力の大涅槃図をお届けすることはできませんが……
非常に大きく絢爛な涅槃図で、圧倒されるようでした。

そのほか、本堂の中を巡っては、釈迦三尊像や襖絵などを堪能しました。
庭は撮影OK!とのことで、少しだけお裾分けです。

多様な砂の色や、自然物の配置がなんとも美しいです。

皆さんもお寺を訪れることがあれば、
本堂の造形美や仏像、庭園などの拝観を楽しんでくださいね。

それでは今回はこのあたりで。
お読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

関西出張:青おにぎり

次の記事

関西出張:銀閣寺